今の婚活では、男性の年収が300万円ぐらいの場合は…

今の婚活事情では、年収300万ぐらいの男性の場合は・・

  • 近年の婚活では、年収300万前後の男性の場合は、資格のある女性や結婚後もバリバリ働ける女性が有利になります。それが相手の年収500万円クラスは、アルバイトでも自分の小遣い程度でも働く意思を持っているという完全には専業主婦を希望していない、気持ちを出しておいた方が良いです。さらに、700万円超えの場合になると、専業主婦になり、ちゃんと子育てや家事に集中するつもりだということをアピールするのが好ましいです。そうすることで相手としては将来に安心感を感じ、パートナーとしての条件を満たしやすく、何よりも楽にコントロールできるようになります。
  • 婚活中のデートの際、メイクやファッションだけでなく、靴にも気を配らなくてはいけません。

  • あなたが婚活中のデートをするときには、メイクやファッションだけでなく、足元まで気にする必要があります。履く靴は思いのほか注目されるところでもあります。したがって、なんでも良い、というわけにはいきません。女らしさというのは結婚活動(婚活)をしていくうえで、とても大事な要素と言えるわけですが、靴は、女性らしさを感じさせるための道具なのです。ボーイッシュなイメージになってしまい、女らしさを感じさせないローファーやスニーカーなどの靴は絶対に避けておくべきです。さらには、パンプスならフラットでもいいかというと、男性からすると、魅力を感じないでしょう。及第点といえるのは、3~5センチ分のヒールがシチュエーションには適している、とおぼえておきましょう。しかし、ヒールが好ましいとはいえ、高すぎても問題で、7センチ以上のものは、脚はきれいに見えますが、家庭的ではないと判断されて嫌われるので、履かないほうが良いでしょう。