今の婚活をするのなら、年収300万前後の男性について…

今の婚活で相手を探しているのなら、年収300万ぐらいの男性に関しては・・

  • 婚活の市場では、男性の年収が300万円程度の場合は、経済面を考えると、資格のある女性や結婚後もバリバリ働ける女性が有利です。500万円ぐらいの場合だと、パートレベルでも「私も家計をサポートする」と専業主婦にはならない気持ちを表明しておきましょう。さらに上、つまり相手の年収が700万円クラスの場合なら、完全に専業主婦に専念し、きちんと育児・家事全般を真剣に取り組むつもりだということをアピールするのが正攻法です。そのようにすることで男性は自分の将来に安心感を感じ、パートナーとしての信頼を勝ち得やすいのです。何よりも無理なく婚活の主導権を握りやすくなります。

  • あなたが結婚活動をしていて、デートでメイクや服装だけでなく、靴にも気を配っておかなくてはいけません。

  • あなたが婚活時のデートで服装やメイクだけでなく、足元まで気を配っておかなくてはいけません。デートの時に履いていく靴は案外、注目されるところでもあります。そんなわけで、なんでも良い、というわけにはいきません。女性らしさは結婚活動をしていくうえで、とても重要な要素と言えます。ファッションやメイクなどと同じで、靴も女性らしさを感じさせるためのツールなのです。ボーイッシュな印象で、女らしさを感じさせないローファー及びスニーカーは絶対にダメです。さらには、フラットなパンプスならばいいのかというと、男性からすると、あまり魅力を感じません。及第点といえるのは、3センチ幅のヒール丈がシチュエーションには適しています。ただし、ヒールは程度が重要です。7センチを超してしまうものになると、家庭的ではないと判断されて距離を取られてしまうかもしれないので、履くタイミングは慎重にしておいたほうが無難です。