婚活が、成果が得られないことが原因で、悲しいことに「婚活うつ」とよばれているうつ状態に直面す…

結婚活動(婚活)を実践していても、成果が得られなくて、…

結婚活動(婚活)を試しているのに、成果が出せないことが原因となって、悲しいことに「婚活うつ」とよばれている精神疾患を患う方もいらっしゃるようです。そういった精神疾患にならないためにも、あんまり気にせず自分のペースを守りながらいくことも婚活では大事なことです。ですので、気構えず、まずは恋愛を楽しむ、というスタンスで捉えておくとベストなのかもしれません。まずは、いきなり結婚相手選びを意識するよりも、異性の友達を増やしていくという気持ちで相手とコミュニケーションを図ってみてください。そしてその中で、魅力的な人に巡り合えたら、結婚を目標として真剣に意識しようというふうにすれば余計な緊張が掛からないですし、楽しく婚活していきましょう。やはり悩みすぎてしまうのは、健康にも悪いです。それに、表情にも出てしまうものです。ですから、あまり神経質にならないようにして、婚活うつとならないように注意しておきましょう。

結婚活動でするパーティーに初めて出席した時、大失敗となりました。

私が初めて婚活で行われるパーティーに参加した時、大きなミスをしてしまいました。その頃は、婚活をはじめてから日が浅い初心者だった事もあり、婚活で開催されるパーティーの雰囲気などもわからないまま、一緒に婚活パーティーに行く予定の友達とも当日の洋服の打ち合わせをしないまま何も考えずに参加したのでした。会場に到着して周りを見回すと、参加している女性はみんな、スカートやワンピース、パンツスタイルでも女性らしい柔らかい雰囲気です。その点、私はというとカズレーザーさんのような真っ赤なトップスに真っ赤なパンツ。そして、アウターには黒のライダースジャケット、足下には黒いロングブーツという場違いもいいところなファッションで参加です。当たり前ですが、会場では空気のような状態で、周囲に声をかけてもらうこともなく、イスにポツンと座り、何もできずにパーティーはお開きとなりました。いまだに、思い出すと恥ずかしくなりますし、人生でこんな恥ずかしい思いは2度としたくありません。この失敗に凝りたので、結婚活動目的で開催されるパーティーに参加するときは、知り合いにファッションチェックしてもらっています。