婚活をしている人のなかには、結婚を考えたとき、一番に何を求めるかと聞かれた場…

結婚活動をしている人のなかには、パートナーに求める条件として…

結婚活動(婚活)において、結婚を考えたとき、相手に何を求めるかと聞かれればお金よりも愛情に重きをおいていると言う人がいます。けれども、現実、プロフでまず最初に気になってしまうのは顔なんです。次に年収(経済力)、その次に職業がチェックされます。その根拠といえるのは、容姿がひどい人、は候補になることもなく、年収が500万円に満たない男性の場合、実際に会うことも難しくなります。職業について女性の場合は、いい歳なのに家事手伝いなどと記載していると、仕事をする気が無い、と男性に見られて、結婚対象として除外される可能性が高くなります。こういった婚活で最も重視される部分を理解していないと、直接会って話をすることすらなく、気がつくと何十連敗、、といった事になりかねないです。

「子供も持ちたいし、結婚はしてみたいけど、今はまだ結婚活動するのはちょっと早いか・・

「将来的に子供も持ちたいし、結婚はしてみたいけど、今結婚活動をするには早いかな…」と思っているのなら、実はそれは大きな間違いです。特に女性の場合は、婚期を逃さない意味でも、20代のうちに結婚活動を視野に入れておくべきです。世の中は20代と30代では、正直、需要に相当な開きがあります。当然ながら、若い方が圧倒的に有利で、自分の理想に近い男性とめぐりあう確率もとても高くなるのです。さらに、婚活は自身で想像している以上にパートナーに出会って、結婚するまでの時間が掛かります。婚活を始めてから数年のあいだ、自分の理想とする相手に巡り会えないというような人はとても多いのが現実です。ですから、のちのちに後悔しないためにも、将来を見据えた行動をしていくことをお勧めします。