恋愛をキッカケに結婚をしていくためには、さまざまなハードルを超えていく必要があるのです。

恋愛をした上で、結婚をしていくためには、色々なハードルがつきものといえます。

恋人同士という恋愛関係から結婚して夫婦になるには、壁も多いです。最初の壁として、自分と相手との相性や生活スタイルの違いといった点を嫌だと思わないかどうかです。相性についていえば、趣味が同じであるとか、好きなものが似ている、でしょうか。そして、価値観についていえば、何に重きを置いているか、でしょうか。お金・仕事・物などそれぞれに感じる価値観は人によって違います。生活に関しても、細かく言えば起床や就寝の時間も違って当たり前です。すべてにおいて一緒でないと結婚が難しいわけではありません。そしてまた、似通っている必要もありません。先にも記述したように、受け入れられるかどうか(無理なく)、です。それ以前に、見た目で判断すれば初期の恋愛にすら発展もしません。しかし、言い方を変えると、その点だけクリアできれば、婚活はかなり楽な展開となるでしょう。いずれにしても、相手の内面を知るまでは、結婚とはいかないはずです。ですから婚活をしていく場合は、相手の中身を含むすべてを観察する能力が必要となるのです。洞察力が優秀になるほど、婚活での失敗を防げるはずです。

何回か行ったことのある婚活イベントで、学生の時のクラスメイト…

定期的に参加している婚活を目的に行われるイベントで、学生の頃に一緒だった知り合い(男性)とばったり遭遇してしまった失敗談があります。私が結婚するために婚活していることを誰にも教えないで、ひっそりと話を進めていたのですが、婚活パーティー会場で、なぜかどこかで見た顔があるのです。学生の時のクラスメイトと会ってしまうなんて!パーティーが始まってすぐは、はっきりと誰、とはわからなかったのですが、話をするタイミングでネームプレートをチラリと見て、そこではっきり思い出しました。そのことを向こうも気が付いていて、相当気まずそうな態度をしていました。ですが、内緒にしてきた婚活しているのを知られてしまい、私は、彼以上に相当に恥ずかしかったです。