結婚活動において、結婚を考えたとき、相手に何を求めるかと聞かれた場…

結婚活動では、パートナーに求める条件としてお金なんかより愛情を優先していた…

  • 結婚活動において、パートナーに求める条件としてお金よりも愛情を優先したいなんて言う人もいるでしょう。しかし、実際には、プロフィール欄で最初に気になってしまうのは顔なんです。次に年収、次に職業が注目されます。そういう証拠にルックスがよくない人、はほぼ相手にされず年収が500万円を下回る男性の場合ですと、会うこともできません。職業について女性の場合は、けっこういい年なのに家事手伝い、と書くと、家計を助ける気持ちがない人、と見られて男性からは結婚相手として除外される可能性が高まります。このような婚活で求められている部分を理解できていないと、直接会って話をする機会すらなく、失敗続き、という事態にもなりかねません。

    「子供も欲しいし、結婚はしたいけれど、まだ婚活をはじめるのはちょっと早すぎ・・

  • 「将来的に子供も欲しいし、結婚はするつもりではいるけど、今はまだ婚活するのはちょっと早いかも」と感じているのなら、実はそれは間違っています。特にあなたが女性ならば、婚期を逃さない意味でも、20代のうちに結婚活動を意識しておくのが無難です。男性というものは20代と30代では、正直なところ、需要が極端に違います。当然ながら、20代の女性の方が有利となり、自分の理想を満たす男性との結婚の可能性も高くなるのです。さらに、婚活は自分で予定しているよりもいい男性にめぐり逢い、結婚するまでの時間を要します。何年も結婚活動を繰り返しているのに、あなたの理想とする相手に出会えないなんていう人はとても多いのが現実です。なので、将来、後悔しないためにも、早め早めの結婚活動が大切になるのです。