結婚活動(婚活)によって結婚そのものに対しての理想や想いなどを再認識する方もいるでしょう。

結婚活動をしていて結婚そのものについての理想や想いなどを再認識する人も多いのではないでしょうか。

  • 婚活によって結婚そのものに対し理想や想いなどを改めて認識する人も多いでしょう。そして、めでたく成婚できるかどうかのカギとして結婚に対する気持ちがどれだけあるのか?と結婚紹介所の担当アドバイザーなどに質問されることがあります。そういった場合、男女どちらも、その時点での理想として、「明るく楽しい家庭」とか、「この先ずっと、大切に思ってくれる相手と長い人生を歩みたい」とか、言うかもしれません。長い目で見た場合、一生、生活するのにどれだけ適しているのか、空気のような存在になれるかどうかと言われますが、しかし、現実はそうはいかないみたいです。無事に結婚できたのに結婚生活への不満を感じる、失敗した、という人たちに、その原因を聞いてみると、「旦那または嫁に対し新鮮味がなくなったから」という旨の回答がもっとも多いのが現実です。
  • かつて結婚相談所に在籍したいた際、紹介してもらった相手のお見合い写真と…

  • 結婚相談所に入会していた際、お見合い用の写真と実際にお会いした姿の差に驚かされることは実際のところ、少なくなかったのです。女なので、男性を紹介してもらっていたわけなのですが、特に髪の毛のボリュームが(ハゲてるとかではないですが)なぜか全然異なることがあります。初めての待ち合わせをした際に見つけ出すことができないほど、お見合い写真より髪の毛のボリュームが圧倒的に少ないのです。(髪の毛で顔の印象も違ってきます)私はこの件を責め立てる気持ちはないのです。それに、髪の毛の量が少ないことが悪いという訳ではありません。とは言っても最初に相手が見る「写真に偽りあり」というのは、信頼関係にヒビが入るのでは?と思うのです。そもそも写真撮影時にそのようなボリュームにできるのなら、お見合いの日に一生懸命頑張ってセットしていただきたいですし、もしも、そうできないのなら初めから本来の髪型で小細工せず勝負すべきではないのでしょうか。相手がそんな男性だと、騙されたような気持ちになって、お見合いにおいても感情が入らなくなります。男性の方はしっかりと考えて私と同じように感じる女性は多いはずです。ですから、男の方はしっかりと考えてお見合い用の写真を撮影した方が絶対に良いと考えます。