結婚活動(婚活)を通じて結婚そのものに対して理想や想いなどを再認識する人もいるでしょう。

結婚活動(婚活)を通じて結婚そのものについての理想や想いなどを改めて認識する人もいるかと思います。

結婚活動(婚活)によって結婚そのものについて理想や想いなどを改めて認識する人もいるのではないでしょうか。また、めでたく成婚できるかどうかのカギとして結婚に対して想いがどれだけあるのか?と結婚紹介所の担当者から尋ねられることがあると思います。そんなとき、男女関係なくその時点での自分の想いとして、「明るく楽しい家庭を持ちたい」「これから先ずっと、大事に思ってくれる相手と人生を歩いていきたい」と、言うかもしれません。結婚、というものを長い目で見たとき、生涯の伴侶として求められるのは、空気みたいな存在になれるかどうかと言われますが、ですが、実際はそうでもなさそうです。それはめでたく結婚したのに結婚を後悔している、失敗した、という人たちに、その原因を尋ねると、「夫または妻に対して飽きてしまったから」という類の回答がもっとも多いのが現実なのです。

私が結婚相談所に登録していた時、お見合い用に撮られた写真…

かつて結婚相談所に登録していた頃、紹介してもらった相手のお見合い用に用意された写真と実際にお会いした姿のギャップに驚いたことは実際のところ、少なくなかったです。私は女なので、紹介してもらっていたのは男性なのですが、特に髪の毛のボリュームが(ハゲてるとかではないですが)なぜか全然異なることがあります。待ち合わせの時にその男性を見つけ出せないほど、写真より髪の毛のボリュームが目に見えて少ないのです。私はこの出来事を特に責める気持ちはないのです。髪の毛の量が少ないことが悪いとは言いません。ただし最初に相手が目にする「写真にうそがある」というのは、信頼関係に亀裂が生じるのでは?と思うのです。そもそも写真を撮った際に髪の毛をそういったようなボリュームにできるのなら、お見合いの日に一生懸命頑張ってセットしてきてもらいたいし、もし、できないのならば最初から本来の髪型で勝負するべきではないでしょうか。相手がそんな男性だと、嘘をつかれたような気分になって、お見合いに関しても感情が入らなくなります。男性の方はよく考えて私と同じように感じる女性は多いと思います。男の人はしっかりと考えてお見合い用の写真を撮られた方が好ましいと思います。